カテゴリ:3年生
3年生のみなさんへ

3年生のみなさん、体調はいかがですか?
学校が始まっていたら、明日は三大俳句デーです。
そこで今日は、4月のようすを俳句にして表してみましょう。

でも、俳句作りが得意な人もいれば、苦手な人もいることと思います。そこで今日は、
ある番組で紹介されていた俳句の作り方のこつを使って、一緒に作ってみましょう。

《俳句の作り方》
1、「たのしいな」「うれしいな」といった、心が動いた場面を思い浮かべる。

2、その場面を、5・7・5のリズムに合わせて表現する。
(例)おるすばん 家族いっしょで たのしいな
※まだ季語は入れずに、その場面を表すことができればよいです。

3、「たのしいな」「うれしいな」の部分に、自分の気持ちに合う季語を入れる。
 楽しい気持ち、嬉しい気持ちを表すには、明るい雰囲気の季語を選ぶのがおすすめです。
※季語には、季節だけでなく、その場の雰囲気や気持ちを伝える役目もあります。

(4、必要であれば、季語に合うように、俳句の言葉の順番などを整えます。)

「たのしいな」「うれしいな」以外にも「かなしいな」でも作ることができます。その場合は、季語も悲しい気持ちを表すものを選ぶとよいでしょう。

3年生の先生達も、俳句を作ってみました。担任の先生が作った俳句はどれか分かるかな?
・杉の花 不要不急の 事態だぞ
・花冷えの ジョギングコース 駆ける朝
・春の雨 となりでねむる 子犬かな

みなさんと一緒に学習ができる日を楽しみにしています。
3年担任一同

公開日:2020年04月13日 11:00:00
更新日:2020年05月26日 11:17:02