目標・計画

                                                                                                         令和2年 4月 1日

   江東区立第三大島小学校    経営方針
                                           

                      校長  武田  淳

 

1 学校の教育目標

東京都教育委員会及び江東区教育委員会の教育目標に基づき、グローバル化や技術革新の進展とともに「人生100年時代」を迎えると言われている未来社会をたくましく生きていくための資質・能力を育成するために次の目標を設定します。

◎ よく考え、すすんで学ぶ子     ○ 力を合わせてやりぬく子

○ 思いやりのあるやさしい子     ○ 健康で明るい子

2 目指す学校像

「誰もが幸せになれる学校」~明るい笑顔、すてきな挨拶、歌声響く三大小~
(1)こどもにとっての幸せ
・人間関係が良好で、自分の居場所があること。
・授業がよく分かり、勉強が楽しいと思うこと。
・みんなで力を合わせてひとつのものを創り上げる達成感を得られること。
・セルフエスティーム(自己有用感、自己肯定感)が高まること。
(2)保護者にとっての幸せ
・こどもが毎日元気に登校すること。
・学校がこどもにとって安定・安心・安全な場であること。
・学習・生活面でこどもが成長すること。
(3)地域の方にとっての幸せ
・地域の方とこども達との交流があること。
・地域の教育力が教育活動に取り入られ、こども達の学びに役立っていること。
・将来、地域を背負ってたつこども達の成長が感じられること。
(4)教職員にとっての幸せ
・こども達を成長させることができること。
・職場の人間関係や雰囲気がよいこと。
・教職員同士が切磋琢磨しながら、専門性を高めることができること。
・職務における自律性が発揮できること。


3 学校経営の基本的原則
【判断基準】 「こどものために」
【問題解決の方策】 「組織で」「保護者や地域の方と共に」
【3Sの心がけ】 スマイル(いつも笑顔で)
スピーディー(迅速な対応)
セーフティ(安全あっての教育


4 期待する教職員像・教師像
(1) こどもが好きで、こどもの思いや願いをくみ取れる感性豊かな教職員
(2) 教育公務員としての自覚をもち、保護者や地域の方から信頼される教職員
(3) こどもの成長のために、保護者や地域の方と連携・協力し合って教育にあたることのできる教職員
(4) 授業のねらいを明確にして、こどもにとって分かりやすく充実した授業を展開できる教師(校内研究 校内研修 三大OJT)
(5) 専門職としての教師の指導力(学級経営力、授業指導力、保護者対応力等)の向上を目指し、絶えず学び続け る教師(校内研究 校内研修 三大OJT)
(6) 心と身体の健康を保つことのできる教職員

5 自ら期する校長像
(1) こども達には「愛情」を、教職員には「信頼」と「感謝」の念をもち、共によりよい学校づくりを目指す。
(2) 最終責任者としての自覚をもち、「感謝、迅速、笑顔、安全」をモットーに安定した学校経営を行う。
(3) 判断は、こどもにとって何が一番大切かを、法的、教育的、人間的の3点から総合的に考え、行っていく。
(4) 危機管理にあたっては、「隠さない」「逃げない」を基軸に、迅速かつ全力で対応する。
(5) 家庭、地域との連携を深めながら地域に根ざした特色ある学校づくりを行い、保護者や地域の方の信頼に応える。

6 教育目標達成に向けて
基盤となる3点
(1) 安定・安心・安全
安定した学年経営・学級経営
 学年・学級がこどもにとって安心できる場であり、居場所がある
 教師とこども、こども同士の温かい関係がある
 分かりやすい授業が行われ、勉強が楽しい
安全教育・安全管理の充実
 危険を予測し回避できる能力の育成 定期的・日常的な安全指導の充実
 教科等における安全学習の推進 対人管理・対物管理への高い意識
「いじめ」「こどものトラブル」等の対応
 組織的に未然防止、早期発見、早期対応 いじめ防止対策校内委員会の充実
 生活指導夕会における情報共有 トラブルをこどもの成長につなげていく
アレルギー対応
 アレルギー事故を起こさない校内体制 的確なアレルギー対応
アレルギー研修会の実施


(2) 個別支援の充実
一人一人に応じた適切な指導・支援の充実
 組織的な朝学習 学習の個別指導 三大寺子屋
 不登校の未然防止 不登校児童対応 教育相談体制 関係機関との連携
校内支援体制の構築
 特別支援教育コーディネーターを中心とした支援体制
 月一回の校内支援委員会 特別支援教室専門員・SC・学習支援員の効果的な活用
ひまわり教室(特別支援教室)の効果的な運営
 巡回指導の充実 巡回指導拠点校との連携 ひまわり教室の環境整備
 特別支援教室専門員と巡回指導員・都臨床心理士との連携
 通常学級とひまわり教室との連携強化

(3) 家庭・地域との協力連携
家庭学習や生活習慣等における家庭との双方向性の連携
 家庭学習の充実  早寝早起き朝ご飯  挨拶や言葉遣いの指導  教育活動の公開・情報発信
 年3回学校公開  学校行事の公開  道徳授業地区公開講座  メール配信
 分かりやすく読みやすい各種便り こども達の様子がわかるHPの作成
地域の教育資源の積極的な活用
 地域人材、 教材を積極的に教育活動に取り入れる  地域の方とのふれあい
 地域行事への参加  学校が地域活性化に貢献している

 


取組の重点となる3点
(1) 【知】確かな学力の向上
「主体的・対話的で深い学び」の実現
 PDCAを重視した授業改善
 校内研究(算数)やOJT授業公開における授業研究
 「話合い活動」の充実
 児童の意欲や主体性を高める授業展開
 自らの学びを調整する力(自己調整力)を養う
「こうとう学びSDネクストステージ」の定着
 学び方スタンダードの徹底(教師の高い意識、指導の仕方、日々の取組・振り返り)
 こうとう学びスタンダード定着を目指した授業改善
 算数少人数指導の充実 個に応じた指導(組織的な朝学習、三大寺子屋の充実)
 家庭学習の推進(家庭との連携)三大俳句デー
問題解決的な学びを重視した授業展開
 課題に主体的に向き合い、他者との関わりを通して、課題を解決する学習を行う
 課題を解決する手段として下記の3点を取り入れる。
 ・ICTや学校図書館を活用する。・ペア・グループで協議を行う。
 ・外部人材を活用する。
(2) 【徳】自他を大切にする心の育成
ニコニコ大作戦の継続(人権教育)
 人権教育の視点を明確にした授業実践(話合い活動、人権課題を取り上げる)
 学校全体での取組(縦割り班活動、あいさつ運動、長縄チャレンジ、人権俳句等)
 礼儀正しい三大小」「三大しぐさ」の取組
 よりよい三大小を目指した児童主体の活動(いじめ撲滅、挨拶、言葉遣い、安全)
 校内環境の整備(言語環境、掲示物、配布文書等)
多様な他者とふれあう活動の工夫
 授業における話合い活動 縦割り班活動 異学年交流活動
 保幼小交流の取組 小中連携の取組 地域の方や保護者とふれあう活動
道徳教育の充実と全校道徳
 全教育活動における道徳教育の意識 魅力ある道徳科授業
 年間4回の全校道徳 家庭との連携で心を育てる
(3) 【体】体力・健康づくり
魅力ある体育授業・体育的活動
 体力スタンダードの定着 授業導入時のわくわくタイム
 外部人材を活用した授業 タブレットPCの活用 年3回の実技研修会
 持久走月間・長縄チャレンジ 三大オリ・パラ教育
外遊びの奨励・運動の日常化
 朝遊び時間の確保 遊具・教具の整備 授業と休み時間をつなぐ
保健指導・食育を通した健康づくり
 養護教諭による保健指導 ハッピー貯金 歯磨き指導
 栄養士による食育指導 給食を通して日本・外国の文化を学ぶ カミカミデー


特色ある教育6点
(1) 合唱、合奏指導、鼓笛隊
 音楽朝会における学年ごとの発表(合唱、合奏)
 大島フェスティバル 5年鼓笛隊 4年合唱
(2) 三大俳句デー
 全学年・学級で俳句教室 隔月1回の三大俳句デー
(3) 三大オリ・パラ教育
 多彩な「4×4の取組」を展開させることで、5つの資質・能力を育成する。
(4) 本に親しむ活動
 学校支援地域本部による「読み聞かせ・お話会」 朝読書の実施
 学校図書館司書の活用
(5) 保幼小中連携教育
 大島地区における9年間を見据えた教育の充実 異校種間の円滑な接続を目指す
(6) 礼儀正しい三大小
 あいさつ運動 三大しぐさ 道徳教育の重点「礼儀」


 ~こども達の今と未来が輝く三大小~祝 95周年

更新日:2020年04月10日 15:42:35