こども達の活動

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:3年
3年生が始まりました。

IMG_5113.jpg

 今年度からクラスが2クラスになり、慣れない環境で戸惑ってしまうか心配でしたが、こども達は一生懸命がんばっていました。学年集会にて、「3年生になったら...」というテーマのもと、みんなで考え話し合いました。「時間を守る意識」「新しいことに挑戦する気持ち」「いじめをなくそう!」など、一人一人の真剣な思いや考えがこども達から出てきて、実りのある集会となりました。最後にはもうじゅうがりや、じゃんけんKINGを決めて遊びました。

 3年生がスタートしてまだ数日ですが、困っている人の立場や気持ちをくみ取ったり、進んであいさつをしたりするなど、とても立派な姿が見られています。これからも、学年一丸で一年間がんばっていきます!

公開日:2021年04月07日 19:00:00
更新日:2021年04月13日 18:31:01

カテゴリ:3年
コロナ禍の音楽 3年生

 緊急事態宣言の発出とともに、学校での教育活動の中に制限が加わってしまったものがあります。

その中でも特に多くの制限がかかっているのが音楽です。リコーダーでの合奏や合唱の代わりに、

様々な工夫を凝らして、学習をすすめています。

 

 この写真は、合唱曲に合わせて手話を行っているところです。はじめは曲のリズムに合わせるのが難しく、

慌てていたこども達も、何度も練習するうちに、上達してきました。

 

 

 

 また、鑑賞の学習では、同じリズムが繰り返し出てくる曲を学んでいます。

「三人の王様の行進」というリズムで立ち上がったり、「馬の踊り」というリズムで座ったりと、

学習の中に、こども達の動きを取り入れ、全員が考えを表せるようにしています。

公開日:2021年02月10日 13:00:00
更新日:2021年03月03日 18:05:27

カテゴリ:3年
じしゃくのふしぎ

 先日、3年生の理科で磁石の学習をしました。こども達は日々の生活経験から、「磁石はものを『くっつける』」という認識をもっていたため、学習の始めから、大変意欲的に取り組むことができていました。

 磁石の前に学習していた「電気の通り道」では、「金属は電気を通す」ということが分かったので、「磁石につくものも、きっと金属だ。」という予想を立てるこどもも多くいました。比べて考える視点は、3年生の理科で育てたい大切な力です。その視点をもって事象を見るこどもが増えてきていることも、うれしく感じています。

 実際に身の回りの様々なものに磁石を近づけてみると、予想と違う結果になることもあり、教室では驚きの声が上がっていました。実際に試してみることの大切さを改めて感じました。

 

 磁石は鉄を引きつけること、磁石の「極」についての学習した後に、下の写真のような実験を行いました。

 

 

 

 こども達は「クリップが空を飛んでいるー!」と大興奮。磁石の力が届く範囲に驚いていました。

 こども達の驚きや疑問をうまく取り入れながら、学習を進めていきます。

 

公開日:2021年01月27日 13:00:00
更新日:2021年01月27日 17:49:28

カテゴリ:3年
オンライン消防署見学

 先週22日の金曜日に、城東消防署の方にご協力いただき、オンラインでの消防署見学を行いました。算数少人数の田口先生に、現地からリポートをしてもらい、消防署内を見せていただいたり、質問をしたりしました。

 低学年の時に行った消防写生会では、途中で緊急出動が入り、消防車をじっくり見ることができなかったと言うこともあり、どのクラスでも、目を輝かせながらZoomの画面を見ていました。

 

 

 

 

 オンライン学習の中では、インターネットの接続が不安定になる場面があり、今後の課題も見えてきました。しかし一方で、コロナ渦での新しい学習の一つの形として、こども達の体験の場として、取り入れる価値も十分にあると感じています。

 学習の最後に、こども達に「消防署新聞」を書いてもらうと、オンラインでの見学の中で教えていただいたことがたくさん出てきました。お礼のお手紙も、近日中に城東消防署の方へお届けする予定です。

 

 

 

公開日:2021年01月27日 13:00:00
更新日:2021年01月27日 17:43:36

カテゴリ:3年
3年生のみなさんへ ~社会 地図記号~

3年生のみなさん、お元気ですか?

先生たちは、学校でみんなが来られるようになったときのじゅんびをしています。

4月に学習するよていだったことをかだいにしているので、先生たちもチャレンジしてみました。

 

今日しょうかいするのは、社会の地図記号についてです。

地図帳には、かぎられたはんいで、たくさんのじょうほうを分かりやすく表すために、「地図記号」が使われています。地図記号にある「ろうじんホーム」と「風車」は、2006年に全国の小中学生からのおうぼをもとに、作られた新しい記号だそうです。

 

みなさんの社会のかだいにも「新しい地図記号」にチャレンジするものを入れました。

身の回りにあるものに注目して、考えてみましょう。

 

先生たちが考えた地図記号はこちらです。

建物だけでなく、場所を表す記号もよいですね。

みなさんの考えた地図記号を見るのが楽しみです。

 

 

 

公開日:2020年05月22日 09:00:00
更新日:2020年05月22日 15:43:52

カテゴリ:3年
3年生のみなさんへ ~理科 課題について~

【理科の課題】に21日(木)・植物の育ち方のかんさつ2枚(子葉)とあります。

観察が終わった種(ダイズ・ひまわり・オクラ・ホウセンカ)は、可能であればご家庭で種まきをして、ご自由に栽培を楽しんでいただきたいと思います。このことについて連絡がなく、課題の取り組み方が不明瞭であったことをお詫び致します。

その上で、課題のやり方について、ご説明致します。

子葉の観察については、栽培したダイズと教科書P22~23にあるヒマワリかホウセンカの写真を比べて観察していただきますよう、お願い致します。もし、ご家庭で観察が終わった種を育てていた場合は、そちらを観察していただけるとよいです。

 

学校の花壇でも、ダイズ・ひまわり・オクラ・ホウセンカの種をまいて育てています。

葉の数も増えてきました。課題にもあるように、さわってみるといろいろなことが分かります。

まださわっていない人は、ぜひさわってみてください。(葉をきずつけないように、やさしくさわってくださいね。)

   

みんなのお家で育てているダイズは、今どんな様子でしょうか。観察カードを見るのが楽しみです。

 

キャベツの葉にいたようちゅうは、さらに大きく成長していました。

 

でも、今日はいつもと様子が違います…。ようちゅうはピクリとも動きません…。

 

これからどう成長するのか、植物も動物も引き続き観察していきましょう。

 

 

 

 

公開日:2020年05月20日 15:00:00

カテゴリ:3年
3年生のみなさんへ ~幼虫と種まきのその後~

3年生のみなさん、新しいかだいはすすんでいますか?

新しく学習するはんいなので、べんきょうの仕方になれるまでは、少したいへんかもしれません。

 

今日はみなさんが今かんさつしている生き物を、もう一度見に行ってみました。前回とは少しちがうようすが見られました。

  →      

キャベツの葉にいた幼虫は、こんなに大きくなりました。

花壇にはほかの虫も、遊びに来ていましたよ。

 

先週の金曜日に花壇と植木鉢に植えた種は、もうすぐ芽が出てきそうです。植えてから1週間くらいで目が出始めるので、待っていて下さい。みなさんの植木鉢の種も、育つのが楽しみですね。

  

ダイズ以外の種も、育ってきました。どんな風に大きくなるでしょうか。

 

 

 

昨日の俳句の作者の発表です。

1、万緑や 幼子あやして 笑い顔   五十嵐先生

2、妹と リモート相談 母の月    東海林先生

3、スーパーで ワラビを入れる 上級者 江川先生

担任の先生の句は分かりましたか?みなさんも、ぜひ、お家で俳句を作ってみて下さい。

 

 

公開日:2020年05月13日 16:00:00
更新日:2020年05月13日 18:31:12

カテゴリ:3年
3年生のみなさんへ ~第2回 三大俳句デー~

3年生のみなさん、こんにちは。

課題は予定通りにすすんでいますか?

今日のホームページでは、第二回三大俳句デーを行います。5月の季語には、どんなものがあるのかを知り、自分の気持ちをぴったり表す俳句が作れるとよいですね。

 

5月の季語には、次のようなものがあります。みんなはいくつ知っているかな?

【自然のようすを表す言葉】

万緑(ばんりょく)…野原などに、緑が一面に広がるようす。

南風(みなみかぜ)…この時期にふく、あたたかくてしめった風。

五月雨(さみだれ)…梅雨のこと。(松尾芭蕉が、この季語を使って読んだ、有名な句がありますね!)

【行事などを表す言葉】

こどもの日 かしわもち こいのぼり かぶと ちまき 菖蒲湯(しょうぶゆ)

こどもの日は、こども達が元気に成長することを願う日です。しかしその昔は、病気になる人が多い時期でもあったため、こどもだけでなく、みんなが元気でいられるようにと、菖蒲湯に入ったり、かぶとや鯉のぼりを飾るようになったそうです。

母の日 カーネーション

今年は、「母の日」ではなく、「母の月」としてお花屋さんや運送業者さんのために時期をずらしてお花を贈るという考えも出てきているようですね。昔にはなかった「カーネーション」のように、季語も時代に合わせて変わっていくおもしろさがありますね。

【動物、植物】

蟇(ひきがえる) 雨蛙(あまがえる)

 

燕(つばめ) やどかり いそぎんちゃく はまぐり むつごろう

薔薇(バラ) 牡丹(ぼたん) 藤(ふじ)

  

4月の季語と比べると、華やかなお花が増えて、生き物たちもたくさん現れてきているように感じますね。

 

では、先生達が作った俳句です。

1 万緑や 幼子あやして 笑い顔

2 妹と リモート相談 母の月    

3 スーパーで ワラビを入れる 上級者

次回のホームページで、どの先生が作った作品か発表します。担任の先生の句は見つけられるかな?

5・7・5のリズムに乗せると、いつもの景色も少し変わって見えてきますね。ぜひみなさんも、お家の人と俳句作りを楽しんでみてください。

 

 

 

 

 


 

 

公開日:2020年05月12日 10:00:00
更新日:2020年05月12日 18:19:52

カテゴリ:3年
3年生のみなさんへ  ~ダイズの植え方~

 昨日、今日と課題を取りに来て下さってありがとうございました。また、ダイズの栽培ポットのみ、お配りが遅くなってしまい、ご足労をおかけして大変申し訳ありませんでした。

 

栽培ポットの説明書をもとに、先生達もダイズを植えてみました。まだ植えていない人は一緒に植えてみましょう。

 

植える場所:土がこぼれてもよいところ(外や、レジャーシートをしいた場所など)
準備:ダイズ栽培ポット…植木鉢、土(青色テープの袋)、肥料(赤色テープの袋)、たね(黄色テープの袋)
※追肥用肥料は、今回の種まきでは使いません。ダイズが大きくなってから使えるように、取っておきましょう。
ビニール袋、500mlペットボトル(水を500mlほどかけます。ない場合は大きめの器など)

※ベランダや部屋の中などで育てる場合は、植木鉢の下に水受け皿があると土が流れにくくなります。

植え方
1、ビニール袋の中に青色テープの土と、赤色テープの肥料を入れて、よく混ぜる。
※袋の口をしっかりと押さえると、土がこぼれにくいです。

 

2、よく混ぜた土を植木鉢の中に半分ほど入れます。
※残った土は、本葉が大きくなってから「土寄せ」をする際に使う予定でしたが、学校の花壇の土で対応します。植木鉢に多めに土を入れたり、他の鉢を用意して使ったりしていただいて構いません。

3、植木鉢の土をやさしく平らにならし、3カ所穴を開けます。穴の深さは指の第一関節が入るくらい(2~3cm)にします。(理科の教科書19ページにイラストが載っています。)

 

4、開けた穴の中に一粒ずつダイズを入れ、上からやさしく土をかけます。

5、水を500ml分、たっぷりかけます。ダイズが土から出てきてしまった時は、同じように植え直します。

※植木鉢の下から、水が出てきます。水や土が出てきてもよい場所で水をかけましょう。

6、日当たりがよく、風通しのよい場所に植木鉢を置きます。

種まきをした後は、土が中まで乾燥している時のみ、水やりをして下さい。

 

芽が出て来る日が楽しみですね。芽が出てきたら、課題の観察カードにじっくりと観察してかいてみましょう。

公開日:2020年05月08日 15:00:00
更新日:2020年05月08日 17:17:00

カテゴリ:3年
3年生のみなさんへ

 本日は、お電話でお話できたご家庭も多く、担任一同はじめのご挨拶ができてひと安心しています。また、お仕事の都合などで、お話ができなかったご家庭の方には、留守番電話にメッセージを入れさせていただきました。
 明日は5・6年生の担任からお電話を差し上げる日になっておりますので、折り返しのご連絡は、ご遠慮下さい。担任から折をみて、またお電話させていただきたいと考えています。

 今日は、先日の俳句クイズの答えの発表です。どの俳句を何組の担任の先生が考えたか、分かりましたか?

1 杉の花 不要不急の 事態だぞ
2 花冷えの ジョギングコース 駆ける朝
3 春の雨 となりでねむる 子犬かな

正解は
1 江川 貴一先生
2 五十嵐 明先生
3 東海林 まどか先生     でした!

 俳句の5・7・5の短い言葉の中でも、それぞれの先生が「春」を感じた場面や、普段の生活の様子を感じることができますね。みなさんの感じた「春」も、学校が始まったらぜひ教えて下さいね。


 先日ホームページで紹介した卵が、無事にかえりました。先生達の指と比べると、まだまだ小さいのがよく分かりますね。理科の学習で、どのように成長していくのかを一緒に学習しましょう。

 今日のお電話では、こども達の元気な声を聞くことができて、こちらまで元気を分けていただいたような気持ちになりました。
 私達も、こども達や保護者の皆様が少しでも明るい気持ちで日々を過ごすことができるように、精一杯頑張りたいと思います。引き続き、ご協力よろしくお願いいたします。

公開日:2020年04月21日 16:00:00
更新日:2020年04月22日 17:55:24