カテゴリ:6年
【6年生】「五月の俳句」!季節は…?

6年生のみなさん、こんにちは!元気かな!

暑くなったなー!と思ったら、いきなり肌寒い日もある。

体調管理の難しいところですが、気を引き締めていきましょう!

 

【国語】

さてさて、今日の国語は「季節の言葉1春のいぶき」でした。

この単元、本来なら4月の中旬から下旬あたりに取り組む内容でした。

なので、実際の時期とずれてしまっています。

しかし課題として出したのは「五月の俳句」(ノートP.26)。

「『春のいぶき』で春の学習をしておいて、作るのは5月?ずれている…。」

というような、みんなの心の声が聞こえます。そうです。ずれているのです。

なので、今日作った「五月の俳句」は、「春(4月)」と「夏(5月)」、どちらの季語を使ってもよしとしています。

(分かりにくかったですね。素直に、ごめんなさい。)

参考資料として、夏の季語プリントの画像です。

ちなみに、教科書P.76~77「季節の言葉2夏のさかり」は、7月中旬に学習する内容です。

ちょっと見てみましょう!(はい!教科書を開いてね!)

「五月」にあたる二十四節気は、このページで学習します。

 

では、実際、「今」の季節は何なのか!!

二十四節気では、

今は夏の二つ目、小満(しょうまん)です。

小満:立夏から十五日目に当たる。

陽気がさかんとなり、草木が成長して満ちてくるという意味。

あらゆる生命が満ち満ちていく。太陽の光を浴び、あらゆる生命に力が満ちていく季節。

 

とても、素敵な季節です。(今日は残念ながら雨だけれど。)

太陽の光を浴びて、思い切り体を動かすことが難しい。

そんな「今」だけれど、心は「小満」でいてほしい。

早く、体も「小満」(太陽の下で走る!跳ぶ!笑う!)になる日が来ますように。

公開日:2020年05月19日 12:00:00
更新日:2020年05月19日 13:06:25